スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢海老の南天焼き

伊勢海老の南天焼

伊勢海老の南天焼き。

伊勢海老を豪快に真っ二つに割り、その上にマヨネーズ風味のグラタンを乗せたものです。

グラタンの中に入ったイクラが南天の実を表現しているので「南天焼き」と呼んでおります。

オーブンで焼き上がったばかりのものを食べると、アツアツでとっても美味しいですよ~。
スポンサーサイト

鱈のだだみポン酢

鱈のだだみポン酢

寒鱈のだだみ(白子)

生きの良い鱈が手に入った時にしか、生で提供することはできませんが、やはり美味しいですよね。

1年に1回は、この冬の珍味を味わっておきたいものです。

庄内の冬の野菜「きもと」と一緒にポン酢で食べると相性抜群です。

ぜひお試しあれ。

鱈の昆布締め

鱈の昆布締め


鱈の料理が続いておりますが、こちらを忘れてはいけませんね。

「鱈の昆布締め」

鱈本来の味を楽しむなら、やはりこれなんでしょうか?

鱈は本当に色々な料理で使える、無駄のない魚ですね。

鱈のせいろう蒸し

鱈せいろう


こちらは、鱈のせいろう蒸しになります。

鱈の身と旬の野菜をせいろに入れて蒸して、お客様にお出ししております。

せいろの蓋を開けると柚子の香りが豊かに広がり、それだけで幸せな気分になります。

ポン酢に薬味を入れて、召し上がって下さい。

鱈味噌焼き

鱈みそ焼き

こちらは、鱈の焼き物になります。

鱈の肝を練り込んだ味噌を乗せてお客様にお出ししております。

肝の風味を味噌に加えることで、鱈の身をより一層美味しく頂くことができます。

鱈の身と肝の挟み揚げ

鱈の美味しい季節になりました。

庄内地方の各地で、寒鱈に因んだ催しも開かれているようですね。

当店でも、美味しい寒鱈を使った料理をお客様にお出ししております。

鱈はさみ揚げ


画像は、鱈の身と肝の挟み揚げです。

画像ではちょっとわかりづらいですが・・・、鱈の切り身に鱈の肝を挟んで、さらに大葉で巻いて衣を付けて揚げております。

鱈の旨みを凝縮した料理、ぜひご来店の上、召し上がってみてください。

鱈のどんがら汁

どんがら汁
1月18日に東京都内で開催された、全国各地の魚料理の人気を競うイベント「Fish―1(フィッシュ・ワン)グランプリ」。

このイベントで、庄内地方の「どんがら汁」が最優秀賞のグランプリを獲得したそうですね!

やはり、この時期の寒ダラの美味しさは最高ですからね。

シンプルな料理でもすごく美味しく感じられますね。

先日も、東京から観光でいらしたお客様に「鱈がこんなに美味しい魚だったとは知らなかった」とおっしゃて頂きました。

郷土の料理が褒められるのはとてもうれしいことですね。

このイベントを機に、「どんがら汁」の美味しさが全国各地の人々に認知されればいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。